引っ越しです。
0
    いつもありがとうございます、露の眞です。

    長らくこちらでブログを書かせていただいてましたが、この度ブログを引っ越しすることにいたしました。

    シュッとしてます、露の眞です。(新)

    これからはこちらでよろしくお願いいたします!
    このブログにも色んな思い出がありますのでこのまま残しておきます(^^)



    カテゴリ:- | 08:59 | comments(0) | - | - |
    露の眞、お江戸に参上!詳細
    0
      こんな感じでお江戸へ参上しようと思います。上方らしさと私らしさを考え、あえて珍品で私の好きな「深山がくれ」をかけさせて頂くことにいたしました。

      ハメモノ必須なので今回は大阪から三味線のお姉さまに来ていただきます(^^)

      宣伝方法はSNS・チラシをお江戸両国亭に置かせて頂くのみ、というスタイルですので良ければ拡散お願いいたします。

      そして異色(?)な私をぜひ一度、観にお越しくださいませ。

      それでは詳細をドーン!

      『露の眞、お江戸に参上!』

      2017年10月25日(水)
      18時開場・18時半開演

      露の眞
      「深山がくれ」「鴻池の犬」
      「時うどん」他1席+どしょうすくい踊り

      三味線・佐々木千華

      前売2000円・当日2200円

      場所・お江戸両国亭
      ・墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1階
      アクセス・総武線両国駅 西口徒歩5分
      大江戸線両国駅 A5出口徒歩3分

      ご予約・眞オフィス
      tsuyuno_makoto1379@yahoo.co.jp
      080-6234-5907(留守電対応)



      〉〉露の眞のホームページはこちら
      カテゴリ:- | 17:08 | comments(0) | - | - |
      ホームページ更新
      0
        ちょこっとだけ更新&ページを増やしました。よければご覧くださいませ。

        通信制限中なので今月は少しずつ更新していきます(^^;

        露の眞、ホームページです。
        カテゴリ:- | 16:26 | comments(0) | - | - |
        露の都一門会
        0
          2017年7月4日繁昌亭にて。


          露の都一門会、今年は中トリを務めさせていただきます!

          チケットですが、私も手持ちチケットを持っております!
          窓口でお求めになるよりも、
          少しだけ早い整理番号をお渡しできると思いますのでお気軽に私までお問い合わせください♪
          基本的にチケットは持ち歩いておりますので、私が出演させて頂く会でお声がけいただいてもお渡しできます!

          tsuyuno_makoto1379@yahoo.co.jp

          080-6234-5907(チケットご予約専用)
          ※Cメール不可
          カテゴリ:- | 13:43 | comments(0) | - | - |
          まことにスンマセン!番外編
          0
            毎年恒例?の「まことにスンマセン!」ですが、今年は動楽亭で番外編です。


            2017年8月23日(水)19時〜
            まことにスンマセン!番外編〜大丸屋騒動の巻

            露の眞 「大丸屋騒動」ほか
            ゲスト・桂弥太郎 「皿屋敷」

            前売1200円、当日1500円

            ご予約
            tsuyuno_makoto1379@yahoo.co.jp

            番外編につき、木戸銭は少し変更してしまいました。すみません(><)

            やはり真夏の噺ですので…
            おそらく今年で最初で最後の「大丸屋騒動」です。できれば1年に1度は勉強したい噺なのですが…、当然ながら私の年数・現在の技量ではとても難しいです。

            ですから、
            自分の勉強会で大事に大切に、勉強していきます!


            今回からご予約専用電話を設けましたので、チラシが完成しましたらまたアップいたします(^^)
            基本的に留守電・伝言メモ対応になると思いますのでご了承くださいませ
            カテゴリ:- | 14:28 | comments(0) | - | - |
            どじょうすくい踊り、師範審査会でした。
            0
              今日は島根県安来節演芸館へ、
              どじょうすくい踊りの師範審査を受けに行ってまいりました!

              実は昨年もこの師範試験に挑んだのですが精進不足で落ちてしまいました。

              どじょうすくい踊りとは、
              民謡安来節の早弾きで、オヤジが小川へどじょうをすくいに行く姿を描いた素朴な踊りです。
              素朴な踊りなのですがやってみると・・すごくキツイ!基本姿勢が空中椅子なんですよ(^^;

              今回の試験も振りの細かいミスや腰を落としきれなかったなどがあり、正直アカンわ〜と思っておりましたが結果は……


              な、な、なんと合格でした!



              安来節の師匠方がおっしゃってましたが、
              「改善すべき点は山ほどある」とのことなのでこれからも基礎を怠らず精進あるのみです。とにかく今日一番助言いただいたのが「足腰を鍛えること」。よし、筋トレしまくってムキムキになるぞ!


              年季中にどじょうすくい踊りを薦めてくださった師匠、そしてどじょうすくい踊りを年季中からずっとご指導いただいている宮田先生に心から感謝です。

              皆様もたくさんのメッセージ、本当にありがとうございます!
              島根から大阪に戻り、とりあえず今宵はホッと寝ます(^^)

              安来節演芸館では体験コーナーもありますので、安来へ行った際にはぜひ体験してみてください♪


              カテゴリ:- | 22:59 | comments(2) | - | - |
              年賀状。
              0
                家に帰って、
                何を思ったのか部屋の片付けをはじめました。私が部屋を片付けようとするのは滅多にないことなのです(^^;

                そしたら山積みにされたファイルの中から、雅姉さんからの年賀状が出てきました。

                おそらく入門して3年目ぐらいに頂いたものでしょうが、手紙のように、たくさんのメッセージを書いてくださってました。

                私にくださったメッセージなのでハガキは載せませんが、

                「色々あったけど…私は眞さんのこと大事に思ってますので、これからもよろしくお願いします」と。


                今の私に届けてくれた言葉のようで涙が出ました。姉さんありがとうございます!

                面と向かって謝りたいし、
                ありがとうて言いたいな…。

                後悔は尽きませんが、寄り添って仲良くやっていきます。

                これからは、人に対して抱いた「ごめん」や「ありがとう」をちゃんとその人に伝えられる人になりたいです。
                カテゴリ:- | 20:15 | comments(0) | - | - |
                五黄の寅
                0
                  私は「五黄の寅」なので、
                  とんでもなく「我が強くて頑固」らしいです(><)

                  確かに協調性が壊滅的にない…。
                  納得される方も多いのでは(笑)

                  しかし、ここ最近、自分の意固地過ぎる部分に反省することが多くなりました。

                  大師匠の言葉をお借りしたら
                  「生涯未完成」ですからね。


                  悔しいと思った気持ちと、
                  可能性を信じたいと思う気持ちは奥底で大事にして。

                  でも柔らかい心も持って視野を広げて。
                  露の一門の香りを1ミリでも受け継げるように…。一門の誇りも奥底で持って謙虚さと誠実さと中性的な色気もムンムンに兼ね備え…って

                  …あ、結局また意固地になってる
                  (´д`|||)


                  でも本当に視野を広げる事と、
                  我を通し過ぎない事が
                  今後の人格的な課題と思いました!

                  人間としても噺家としても、師匠のもとで生涯修行です(^^)
                  カテゴリ:- | 21:24 | comments(0) | - | - |
                  第9回眞の会、御礼。
                  0
                    通信制限の呪縛から解放されてようやくブログ更新です(>_<)遅くなり申し訳ございません。

                    さて、先日の「第9回露の眞の会」はたくさんの皆様にご来場いただきありがとうございました!
                    今回はアンケートの作り忘れ、照明のつけ忘れなど、不手際なところが多々あり申し訳ございませんでした。


                    小梅 「鉄道勇助」
                    眞 「天狗裁き」
                    ぽんぽ娘「性留守レディ」
                    〜中入り〜
                    眞 「道灌」
                    眞 「浮世床」

                    という番組でした。
                    ぽんぽ娘姉さんはピンク落語をかけてくださりました!大好きなので大感激です!
                    小梅くんも鉄道の新作落語で盛り上げてくれました(^^)

                    後半2席は「露の」の香り豊かな2席。

                    私の今回のネタおろしは浮世床でした!
                    このネタ、とても難しい!
                    やっている最中、脳内で大師匠や稽古をつけていただいた団四郎師匠の声が再生するのです。
                    それだけイメージが強いネタでもありますが、これからまた育てていきます!

                    次回は第10回ですね。
                    第8回で記念の回をしてしまいましたので(笑)、どういう形式にするかは未定です。
                    でも変わらず色んなネタに挑んでまいりますので、ぜひ次回も足をお運びくださいませ!今後ともよろしくお願いいたします(^^)







                    カテゴリ:- | 13:04 | comments(0) | - | - |
                    私は女流枠?
                    0
                      ずっと思っていたのですが、
                      「女流枠では…」「この一門は女流枠」
                      とかよく耳にします。

                      たしかにコンテストや大きな落語会では
                      「女性噺家は1人」
                      とかそんな風潮はある気がしますが…。

                      でもそれは自分の実力不足なわけで。


                      仮に「女流枠です!」と言われて何かに選ばれたとしても嬉しくありません。
                      むしろそんな事言われたら悔しくて吐くほど泣きます。それか「負け惜しみね」と鼻で笑います(笑)

                      だって性別はただの個性のひとつやから。
                      女性も男性もみんな個性はバラバラです。



                      が、ここで1つ疑問が。

                      私ってどっちの枠に入れられてるんだ!?


                      と、とにかく…
                      企画ではなく、普通に女性噺家が何人も出てる寄席やコンテストが観れる世界を作りたいです。もしも枠が存在するならぶっ壊さなければ。

                      そのためには芸を磨かねばいけませんね!
                      カテゴリ:- | 19:09 | comments(0) | - | - |
                      | 1/44PAGES | >>